Newbalance(ニューバランス)

FuelCell RC Elite v2(フューエルセル RC エリート v2)

4.5

FuelCell RC Elite v2
商品名FuelCell RC Elite v2
ブランド名

Newbalance(ニューバランス)

カテゴリ上級者(〜サブ3)向け
アッパーニットアッパー
ミッドソールFuelcell
重量205g(26cm)
ドロップ8mm(フォア31mm/ヒール39mm)

FuelCell RC Elite v2の商品レビュー

アッパー


アッパーには軽量で伸縮性の高いニットアッパーを採用しておりフィット感は抜群です。足の甲の部分に通気孔を多くあけたことで前作よりも通気性が向上しています。内側と外側に施された3Dプリントのロゴはデザインだけでなく、アッパーの伸びを抑えサポート性と安定性を高めています。また、踵部分は硬めに、足首周りはタイトに作られていることでミッドソールの柔らかさを補っています。

ミッドソール


ミッドソールにはNewbalanceの中でも最も反発弾性が高いFuelcellをフルレングスのカーボンファイバープレートと組み合わせることで、強烈な推進力を発揮しています。ミッドソールは前作よりも7mm厚くなっており、より高いクッション性を得られるようになりました。
スタックの高さも大幅に増加しており、前作のヒール32mm / フォア22mmと比較して、ヒール39mm / フォア31mmになっているため、ドロップが10mmから8mmに減少しました。スタックの高さを増やすことでカーボンプレートがよりアグレッシブなカーブを持つことができ、つま先が離れるときに高い推進力を得られるようになりました。
ただし、Fuelcellの柔らかすぎるクッションはカーボンの推進力を低下させるデメリットがあり、ナイキのヴェイパーフライなどに比べると反発は弱く感じます。

アウトソール


アウトソールは耐久性の高いラバーが採用されており、グリップ性を高めつつ、重量を抑えた意匠で配置し、パフォーマンス性を追求した無駄のないデザインを実現しています。
前作ではダイナライドと呼ばれる三角形の粒々ソールでグリップ力が強いのが特徴的でしたが、本作では通常のラバーを採用しています。グリップ力は落ちましたが、長時間のランニングで無理のない自然な動きを実現します。
ミッドソールのクッション性と相まって、よりフルマラソンで使用しやすい作りになったといえるでしょう。

サイズ感

サイズ感としては長さは他のNewbalanceのランニングシューズと同等でちょうどいい感じです。前足部はゆったりとしていて余裕があります。
ワイズ(足囲)はメンズはD相当と2E相当の2サイズ、ウィメンズはB相当の1サイズが展開されています。

前作(FuelCell RC Elite v2)との違い

以下のような違いがあります。
・アッパーの3Dプリントがシューズの剛性を高め、サポート力を強化した
・ミッドソールにカーボンファイバープレートを搭載しており高い推進力が得られるようになった
・アウトソールのラバーが通常のラバーになり、長時間のランニングで無理のない動きを実現できるようになった

スペック比較

  • シューズ写真
  • シューズ名
  • アッパー
  • ミッドソール
  • 重量
  • ドロップ
  • 販売サイト

FuelCell RC Elite v2のユーザーレビュー(2件)

  • 種類が豊富

    はなや

    4

    FuelCell RC Elite v2はとても種類が豊富です。デザイン性もあり色も豊富でファッションに合わせやすいです。靴も履きやすく歩きやすいし走りやすいと思います。プライベートだけでなく通勤や通学にも大変良いと思います。お金に余裕がある方は一足是非持ってもらいたい商品です

  • モチモチの反発と安定性

    颯.

    5

    反発力がすごいです。 フューエルセルシリーズのモチモチの反発力を活かしつつ、カーボンプレートによって安定性と跳ね返りが付加されています。 フューエルセルシリーズはモチモチの弾力が非常に魅力的ではあります。しかし、モチモチゆえに沈み込みや横ブレも起きてしまいます。 その弱点をプレートによって解消し、安定性が増したRCは完成されたシューズだと感じてます。

Newbalanceの関連シューズ